誰でも出来る(かもしれない)
サボテンと多肉植物の実生苗や種子の輸入方法

注文先を探す

お勧めの業者はサボテンの種子なら Mesa Garden (品種の確かさで定評。採取地情報も付属)と Kohres (比較的安価に多品種あり)がダントツです。多肉の場合は私は種子の取引経験が無くお奨めはありません、カクタスモールで探索してください。実生苗ならば Mesa Garden  Cactus Heaven(サボテンが主) Rare Plant Reserach (多肉が主)等はいかがでしょうか。もちろんこの他にも優良な営業者は沢山あると思います。
原産地球の場合は素直に考えれば産地直送が安価で良質でしょうが、メキシコの野生サボテンについては苗はおろか種子さえも採取を法律で禁止されているそうです。ですから必然的に米国からの輸入がより現実的ですが、少なくとも私の知り合いのアリゾナの業者の話では野生サボテンのCITES書類(付属書U)の発行はかなり難しくなっているとの事です。このため原産地球の輸入はお勧めしません。

注文する

注文書(Order Form)の無い業者への最初の注文時の例文をご覧ください。クレジット情報があるのでFAX利用を想定しています。 Email 利用の場合には内容が漏れる可能性があるため重要゙情報等が含まれる場合にはFAXが安全です。2回目以降なら、たいていの業者はクレジット番号を控えていますからEmailで Expire date だけ知らせることにより注文できる場合がほとんどです。いくらかの業者は書類を指示しないと苗・種子に同封しない事があります。輸入時に必要な書類は以下の通りですから必要ならその旨を業者に指示してください。

<<輸入に必要な書類>>
サボテンや多肉植物を輸入するにはそれがワシントン条約のどの付属書(I・II・III)に該当するかにより必要な書類が決まります。サボテンであれば付属書I に該当する種類が少々ありそれ以外は全て付属書II に該当します。どれが該当するのかは業者のカタログの表示かCITESのホームページを参照してください。(全部書くには多すぎます) もちろん苗と種子では種子のほうが簡単で扱いが異なります。
付属書(I・II・III)に該当する場合には輸出国で作成するCITESの書類が輸入通関時に必要です。その他に付属書I の場合には輸入割当と輸入承認書が日本国内法の規定により必要となります。この書類は通関時に必要で申請から交付までは2週間〜1ヶ月必要で前もって取っておかなければ植物を腐らせる事になりかねません。(成長期に箱の中に放置されれば....)それから検疫証明書(Phytosanitary certificate)はいずれの植物・種子でも必須です。

CITESの書類

Phytosanitary Certificate

ワシントン条約の付属書に記載されている種子や苗
(サボテンや一部の多肉植物)

必要です

必要です

ワシントン条約の付属書に記載されていない種子や苗

不 要

必要です

   
サボテンの付属書Tに該当する品種は以下の通り(H14年1月現在) それ以外は付属書IIになります。但し付属書I であっても人工繁殖は付属書IIとして扱われます。

付属書T

付属書U
 Ariocarpus spp. 牡丹属全種    
 Astrophytum asterias 兜丸
 Aztekium ritteri 花籠
 Coryphantha werdermannii  精美丸
 Discocactus spp. デスコカクタス属全種
 Echinocereus ferreirianus ssp. lindsayi エキノケレウス属 リンゼイ
 Echinocereus schmollii 珠毛柱
 Escobaria minima 紫王子 ミニマ (=Esco.nellieae) 
 Escobaria sneedii スニーディ
 Mammillaria pectinifera 白斜子
 Mammillaria solisioides ソリシオイデス
 Melocactus conoideus 帝雲 緋燕雲
 Melocactus deinacanthus 豪雲
 Melocactus glaucescens 巌雲
 Melocactus paucispinus 和名なし
 Obregonia denegrii 帝冠
 Pachycereus militaris 黄金の帽子(=Backebergia militaris)
 Pediocactus bradyi ブラディ
 Pediocactus knowltonii ノルトニィ 雪の輪殿
 Pediocactus paradinei パラディネィ
 Pediocactus peeblesianus 飛鳥
 Pediocactus sileri 天狼
 Pelecyphora spp. ペレキフォラ属全種
 Sclerocactus brevihamatus ssp. tobuschii トブシィ (=Ancistrocactus)
 Sclerocactus erectocentrus 紅簾丸 (=Echinomastus)
 Sclerocactus glaucus グラウカス 
 Sclerocactus mariposensis 藤栄丸 (=Echinomastus)
 Sclerocactus mesae-verdae 月想曲
 Sclerocactus papyracanthus 月の童子
 Sclerocactus pubispinus プビスピナス
 Sclerocactus wrightiae ライティアェ
 Strombocactus spp. 菊水属全種
 Turbinicarpus spp. ツルビニ属全種
 Uebelmannia spp. ユーベルマンニア属全種

左記以外のサボテン

決済(送金)方法

クレジットカードと郵便局からの国際送金為替(International Postal Money Orderで送料は1,000円くらい)が無難。国際送金為替は
銀行振込は国内と送金先の両方で手数料を沢山取られますし日数もかかります。現金を封筒で送ることは禁止されています。

通 関

少量(2Kg以下?)の輸入ならば郵便小包(parcel)が簡単です。通関は郵便局がやってくれますしこちらで支払うものは申告金額(普通は輸出者が申告しています)が1万円以上の場合に課税される輸入消費税だけです。
しかし大量の場合なら宅配便か船便になると思います。この場合はきっちり通関しなければならず通関業者に支払う通関料や場合によると通関場所から自宅までの送料すら請求される事があります。どちらの場合にも通関に必要な書類(CITES書類とPhytosanitaryCertificate)は同じです。

自宅へ配達

無事到着おめでとうございます。


質問メールはこちら

日本語ページの目次へ